京風自適

人狼ゲームに関する考え方、時には攻略や、オンラインゲームの攻略・実績をメインで書いています

【人狼ゲーム】メリット・デメリットの錯覚

そこそこ人狼歴がある人でも2人に1人は錯覚に陥っていると思っています。

具体的には「3人目にCOしたから狂人ぽくはない」っていう台詞。

他にも「狼なら予言者から白貰って狂人がわかっているのにCOするメリットがない」というテンプレートもいいところの台詞。

それこそ人狼歴が何年とある人なら1度や2度では足りない程聞いたことがあると思います。

この手の「人外なら〇〇するメリットがない」行動は「そう思わせることが最大のメリット」であることは自覚しておかなければ最後まで間違うことになります。

 

また「3CO目が本物っぽい」と思われる傾向も少なからずあると思っています。

 

全ての「人外なら〇〇するメリットがない」行動に対して上述の様な推理と組み立てることが多いと真役職が中々やりづらくなってしまいます。

もちろん、村人の多くがそんな推理をして納得しているのであれば真役職は信用されづらいかと思います。

   

あまり意識されていない点ですが、人狼陣営は必ず後手を取ることが出来ます。

役職がCOしてきたら重ねれば良く、出てこなければ潜伏させたまま襲撃するチャンスが訪れます。

そのため、人狼陣営は真役職の出方に合わせて動くことが出来る点でも有利に働きます。

 

断言出来ます。これを読んでくださっている方々の中にも多くのゲームこういう状況になったら毎回同じ考え方をしてしまう人はいます。

もはや価値観の主張に近いのですが、どんなパターンもありデメリット(リスク)を背負った行動が最大のメリットになっていることは常に意識しておいたほうが良いです。

これが、メリット・デメリットの錯覚です。

 

真役職がやりづらくなると言うのは、COの仕方を相当工夫しなければいけないということ。議論開始直後のCOは「狂人っぽい」と言われたり、3人目で出ようとしても人狼陣営が待ちの姿勢であればCOする機会を失います。

騙るのが好きな人がすぐにCOしてくれるのであればラッキーかもしれません。

真役職を嫌う人は恐らくこれらを理解した上で、信用勝負が劣勢な状態から頑張らなければいけなくなり、かなりのエネルギーを使うからかも知れません。

 

もし、推理をする時に余裕があれば一瞬でもいいのでこういうことを考えてみても楽しくなるかと思います。

ちなみに私は真役職を引くのは比較的苦手です。人狼か村人が引きたいと思っています。