京風自適

人狼ゲームに関する考え方、時には攻略や、オンラインゲームの攻略・実績をメインで書いています

【人狼ゲーム】人狼ゲームに強くなるために知っておくべきこと

こんなタイトルにしておいてなんですが、人狼ゲームにおける強いって難しいですよね。

よく人狼ゲーム強くなりたい、上手くなりたいっていう人がいますが「人狼ゲームが強い」ってことが、どういうことなのかを知っておかなければ何も出来ません。

ということで、こうすれば強くなる。という形ではなく、強いってこういうことですよね?という観点から各々どうすれば良いかを考えるきっかけになればと思います。

もちろん賛否両論あると思いますが『あ、ここは違う』という意見を持つことが出来れば改めて意識出来ることも増えるかと思います。

 

尚、長くならない様、専門用語を多様することになりますがご了承下さい。

 

 

■結論

この話を書くに当たって色々考えてみたところ1つの自分なりの結論があります。

それは『選択肢をより多く持つ人』

考えた要素として、勝率や理論・戦術論その他にも数値化しにくい性格とか話し方諸々ありますが、全てを含めて選択肢をより多く持つ人が強いのではないかと思います。

 

先に結論から話したのは、わかりやすいからということと、難しい話になるからです。

順番に紐解いていきましょう。徐々に具体的な話にしていきます。

 

■選択肢を持つということ

選択肢を持つということは多くを知っている必要があります。

例えば2-2進行になった時、ほとんどの場合、霊ロラかグレランになるでしょう。

そして議論は霊ロラとグレランのどちらにするかを決めることになります。

この時点できちんと選択肢を持っていることになります。

 

ある程度、人狼ゲームの経験がある人は意識することは無いと思いますが初心者の人はこの選択肢は持っていません。

また「2-2進行=霊ロラ」と最初からグレランの選択肢を捨てている人もいますが、果たしてその人を強いと呼べるでしょうか

多くの人は、その人を強いと評価することはありませんよね。

選択肢を持っているということは、状況に合わせて何が最適かを考える材料を持っているということです。

   

■強いは相対評価

今回の論点の1つである「強い」という言葉。

選択肢をどの程度持てば強くなるの?という当然の疑問が発生します。

そもそも強いというのは相対評価です。

こと人狼ゲームにおいてはランキングや平等に計算された勝率等が存在しない以上、人と人を比較して「あの人は強い」という相対評価で考えることになります。

 

もう少し深堀りして考えを進めます。

相対評価と言っても人狼ゲームにおけるスキルを数値化することは難しく、各々の主観で評価するしかありません。

つまり、強くなるには多くの人から認められる必要がある。ということです。

 

■強さの価値

強くなりたいという人はなんで強くなりたいのかはわかりませんが、何らかの価値を見出しているのかも知れません。

ここで1つ記事を紹介します。

この人は2018年に行われた色々なゲームの大会の内、テトリスとぷよぷよで優勝した世界王者が書いた記事です。

www.livedesu.com

 

この記事では優勝したゲームの規模がメジャーなゲームの規模と比較して50分の1で同じ世界王者なのに格が違うということが書かれています。

私が何を言いたいかというと、強さの価値は強いと認めてくれる人の人数により、そのためには比較する対象が多くある必要があります。

一部の人は「あの人に強いと認められていれば良い」という人もいると思いますが、一旦置いておかせてください。

 

■強くなるためにすべきこと

これらのことを知って納得して更に踏まえて何をすべきなのか。

具体的な話になっていきます。

先の章で話した内容をまとめると3点あります。

1.沢山の人に認められること

2.戦術論や状況がわかる、知っていること

3.一定のプレイ人口がいること

 

1と3については人と人の交流を上手くやれることが重要になります。

多くの人数で遊ぶゲームですし、議論を交わすゲームである以上、ゲーム外の会話が上手くない人は恐らくこのゲーム上手くないでしょう。

この項番1と3についてはその人の性格や考え方に依存する部分が大きいので、割愛します。

誰でも出来ることとして、項番の2についてもっと具体的に話していきます。

 

■選択肢の中から最適解を選ぶ

ここまでの話を全て踏まえて話は進めます。

具体例としてよくあるのは、初心者が霊媒師を騙っている時にこんなことを考えます。

「せっかく騙りに出て頑張っている人を霊ロラとして吊るのは・・・」

1.戦術論という名目のみで吊ると二度と騙らなくなるのでは

  ⇒何も知らない人からすると大抵の場合つまらない

2.そういう戦術もあるんだよと教えてあげることが人狼ゲームの一部を知ることにもなるのではないか。

などを考えつつ、霊ロラかグレランかを考えることがあります。

霊ロラもグレランも勝率が大きく変わらないのであれば、同村しているプレイヤーが今後も人狼ゲームを続けたいと思うような進行を選択すると思います。

 

最適解がどうかは置いておいて、選択肢を持ってどうするかを考えることが出来るというのは前項の1・3への貢献にもつながります。

簡単な選択肢を持つだけでこういう考え方が出来るということです。

つまり、その他にも選択肢を持つことで多くのプレイヤーと楽しくゲームを出来るということになります。

出来ない、知らないということよりも、出来るし知っている上で選択する方が強い人って感じがしますよね。

   

■戦術論や状況把握について(多少のクイズ形式)

ここまで話したので、少し戦術論についても書いてみます。

まずはこれを知っておけって言う話。

・吊り縄の数

13人で始まった場合、6吊4人外で1GJでも吊り縄は増えない。

14人で始まった場合、6吊4人外で1GJで吊り縄が1つ増える。

これを知っている人は1確の霊媒師・占い師を初日から襲撃するかどうかの選択を考えることになります。護衛が入りやすいところを襲撃して吊り縄が増えても良いかとかを考えますよね。

 

・奇数進行と偶数進行

最終日が3人と4人ではどちらが村陣営にとって有利なのかを考えたことありますか?

答えは書きませんが、答えがちゃんとあるので考えてみてください。

 

・予言3COの時

予言3COになって霊媒が1確となった場合。

予言Aが予言Bを人間だと言い、予言B・Cがグレーに人間を知っていたとします。

予言がから投票する時、予言Cから吊られそうになることが多いですが、本来は誰に投票するべきでしょうか。

 

この様な考え方をゲーム外でも色々考えておいて、選択肢のストックを増やすと強くなれます。これは間違いないです。

 

■最後に

まとめると、強くなるには色々と選択肢を増やし、状況ごとに何が出来るかという引き出しを持っているプレイヤーが強いと考えています。

今回は完全に持論展開でしかないですが、共感を得られると幸いです。

3行でまとめると・・・

・多くの人から認められて、初心者が人狼ゲームを続けたいと思うゲームメイクが出来る人。認められるには他プレイヤーとのゲーム外での付き合い方をわきまえている人。

と、なります。

 

ここまで読んでくださった人には、ご自身が思う強いプレイヤーを思い浮かべてみていただきたいです。その人は漏れなくこの記事に書いた「強い人像」に当てはまると思います。どうでしょうか。もし、当てはまっているのであれば、この記事の説得力も一層増すと思います。

 

まとめて沢山の戦術論を書くことは出来ませんが、リクエストが多ければ出来るだけ沢山書くことに挑戦します。

その際はリクエストもください。

例)良くこういうことを言っている人がいるけど何故?

  この進行ってどうなの?

と言ったものです。

 

すこしワガママな話ではありますが、この記事を書いた告知ツイートが50RTを越えたら気合入れて書きます。

ただ、凄いのを書くわけではなく、最低でもこれは知っておけという様な知っている人は知っていることを知らない人に共有するというのを目的とした内容にします。