京風自適

人狼ゲームに関する考え方、時には攻略や、オンラインゲームの攻略・実績をメインで書いています

【Dead by Daylight】赤ランク帯キラーのパーク構成とアドオンまとめ【トラッパー】※2018年9月8日版

最近、ランク1を目指して頑張っています。

色々なキラーを同時にやるのではなく、1つずつキラーを集中して練習しています。

最近強化されたこともあり、まずはトラッパーをメインに進めています。

今回は赤ランクでやっていけるパーク構成とアドオン、立ち回りの紹介です。

現段階でトラッパーを使う上で私が出した5つの回答です。

ランクを上げることが目的なので、一般的に敬遠されるプレイングなども込みで構成を考えています。

■ウルトラレアアドオン2つ

強化されたアドオン2つの構成。

『単純に強い×強い=超強い』かと言うと少し違う感じがします。

f:id:ms_fort:20180908152217j:plain

<パーク説明>

・野蛮な力(Brutal Strength)

 板(パレット)を割る速度と発電機を蹴る速度が速くなる。

・看護師の使命(A Nurse's Calling )

 28m以内にいる治療中のサバイバーのオーラが見える。

・ずさんな肉屋(Sloppy Butcher)

 攻撃したサバイバーが重傷状態となり、治療に時間がかかるようになる。

・破滅(Ruin)

 スキルチェックでグレートを出してもボーナスが0%となる

 グッドだと進捗が下がる。

<立ち回り>

最初の1つの罠は出来るだけ呪いのトーテムを守るような場所に置く。

アドオンの効果で自動的に罠が開くので、よほど外れたところにある罠以外は放っておいて構わない。

誰かを捕まえるために罠を置くのではなく、解除させて看護師の使命で索敵するのが主な目的となる。

よほど窓枠が強ポジになっているのであれば罠をその場所に移動させよう。

チェイスに自信が無い場合は呪いのトーテム付近に最初の生存者を吊り、キャンプ気味に戦っても良いかも知れない。

<雑感>

強いアドオンを2つ合わせる程強くは無いなと言うのが率直な感想。

虹色の石(自動で開く罠)があるなら沢山並べたいのでバッグ類のアドオンが欲しくなること、血塗れのコイルも同様にバッグが欲しくなる。

どちらも単体で強いので、まとめて使って消費するのはもったいない。

   

■高コスパ構成

今回紹介する中でもっともコストパフォーマンスが高い構成です。

ベリーレアアドオンが無い場合はレア・アンコモンの同様の効果を持つアドオンに置き換えても良いです。

オファリングについては最もキラー有利に立ち回れるステージを指定しています。

f:id:ms_fort:20180908152215j:plain

<パーク説明>

・野蛮な力(Brutal Strength)

 板(パレット)を割る速度と発電機を蹴る速度が速くなる。

・バーベキュー&チリ(Barbecue & Chili)

 生存者をフックに吊るしたとき40メートル以上離れた生存者を4秒間視認できる。

 BPボーナスも増える人気パーク

・ずさんな肉屋(Sloppy Butcher)

 攻撃したサバイバーが重傷状態となり、治療に時間がかかるようになる。

・破滅(Ruin)

 スキルチェックでグレートを出してもボーナスが0%となる

 グッドだと進捗が下がる。

<立ち回り>

最初の1つの罠は出来るだけ呪いのトーテムを守るような場所に置くことは変わらない。画像の通りギデオン精肉工場を指定しているのであれば、基本的に追いかけて攻撃をするのを繰り返すだけ。

索敵とチェイスに練習に一番向いている構成かつ、最も一般的な構成とも言える。

呪いのトーテムが壊れても、ずさんな肉屋の効果による遅延が優れているのでチェイスが苦手でもなんとかなる。罠を設置する速度も速いので罠を解除されてもそこまでストレスにならない。むしろチェイスしながら罠を設置することも出来るので感覚を掴もう。

<雑感>

 

先に述べた通りコストパフォーマンスがとても高い。

アドオンは各レアリティに存在するので同じ種類の組み合わせで使える。

バッグはアンコモンのバッグでも充分使えるし、コモンのバッグでも罠が2つに増えるのはとても大きい。低ランク帯から長く同じ構成で遊べるのでお薦め出来る。

 

■私が考える最適解

この構成が現バージョンにおけるトラッパーの最適解だと思う。

強化されたアドオンを使い、アドオンにあわせたパーク構成となっている。

f:id:ms_fort:20180908152219j:plain

<パーク説明>

・野蛮な力(Brutal Strength)

 板(パレット)を割る速度と発電機を蹴る速度が速くなる。

 

・まやかし(Bamboozle)

 窓を越える速度が速くなり、越えた窓をしばらく封鎖する。

・バーベキュー&チリ(Barbecue & Chili)

 生存者をフックに吊るしたとき40メートル以上離れた生存者を4秒間視認できる。

 BPボーナスも増える人気パーク

・破滅(Ruin)

 スキルチェックでグレートを出してもボーナスが0%となる

 グッドだと進捗が下がる。

<立ち回り>

 

最初から3つ罠を持っていることを最大限に活かし、最初から積極的にチェイスする。トラッパーの最大の弱点である『序盤の準備に時間がかかる』という課題に対する解決策。マップを把握して強ポジにだけ罠を置くようにするだけで良い。

『罠が自動で開く』ということは解除されても引っかかっても『移動させる必要が無い』ということを意味する。全ての時間を索敵とチェイスに割り当てることが出来る。

<雑感>

この構成であればどこのマップでも高確率で勝つことが出来る。

バベチリの部分は好みに合わせて囁きでもいいかもしれない。

勝ちにこだわり冷たく立ち回るのであれば、生存者を1人吊った段階で周辺に罠をしかけてテリトリーを構築すると尚良い。1人を耐久まで持っていくことが出来れば実質2回生存者を吊ったことと同義なので待っている間に他の罠が開くことも考えると効率は良い。

   

■血を追いかけるパーク構成

血塗れのコイルを利用したパーク構成。血を追いかけて見失わないようにする。

罠解除した際に負傷した人を追いかける構成のため、罠解除で索敵を行う。そのため、索敵パークは血の追跡者のみとなっている。

f:id:ms_fort:20180908152221j:plain

<パーク説明>

・野蛮な力(Brutal Strength)

 板(パレット)を割る速度と発電機を蹴る速度が速くなる。

・まやかし(Bamboozle)

 窓を越える速度が速くなり、越えた窓をしばらく封鎖する。

・血の追跡者(Bloodhound)

 血を鮮明に見ることが出来る様になり、血痕が残る時間も長くなる。

・誰も死から逃れられない(No One Escapes Death)

 ゲートが通電した時、通常のトーテムがマップに残っていれば発動する。

 移動が速くなり、1発で生存者を瀕死状態に出来る。

<立ち回り>

 

このパーク構成でやることは至って単純。血を見たらどこまでも追いかける。

窓枠などの配置されやすいベタな場所に罠を置くことで解除される確立は上がる。解除されないのであれば、強ポジを使えなく出来ているので問題ない。

索敵が罠の解除に頼っているので、通知があれば出来るだけ早急に駆けつけて血を見つけよう。

<雑感>

ゲーム的に一番面白い構成がこれだった。

デッドバイデイライトらしく、生存者を追いかけて攻撃するという、このゲームで楽しむ要素が詰め込まれており、トラッパーらしさも出る構成だと思う。

 

■アドオンを使う練習用

ウルトラレアのアドオンを使い慣れない内はたまに使っても良い結果は得られない。

そのため、使いこなす様になるために構成したものがこれ。

見にくい罠を引っかかりやすいところに置き、アドオンの効果で再利用するという目的で構成している。

f:id:ms_fort:20180908152223j:plain

<パーク説明>

・野蛮な力(Brutal Strength)

 板(パレット)を割る速度と発電機を蹴る速度が速くなる。

・ずさんな肉屋(Sloppy Butcher)

 攻撃したサバイバーが重傷状態となり、治療に時間がかかるようになる。

 

・誰も死から逃れられない(No One Escapes Death)

 ゲートが通電した時、通常のトーテムがマップに残っていれば発動する。

 移動が速くなり、1発で生存者を瀕死状態に出来る。

・バーベキュー&チリ(Barbecue & Chili)

 生存者をフックに吊るしたとき40メートル以上離れた生存者を4秒間視認できる。

 BPボーナスも増える人気パーク

<立ち回り>

 

如何に生存者を罠にひっかけることが出来るかという腕を試すパーク構成とアドオン。

同じ罠に2回以上っひっかけることが出来れば、そこは罠を置く良い場所であることがわかる。まずは自分が「ここならいける」と自信を持てる場所に罠を置こう。

罠を置きおわったら基本的に動かさずにバベチリに導かれるようまま生存者を追いかける。あくまで練習用と割り切っておくとストレスも溜まらないし、次はこうしようと工夫できる。

<雑感>

 

罠を置く場所の研究に凄く良い構成だった。

『罠に引っかからなければ負けるし、罠に上手く引っ掛けられたら勝てる』ので結果と罠の配置が直結してわかりやすい。

ウルトラレアを使わなくても良いと思う人もいると思うが、罠を回収しなくても2回以上罠にかかる場所というのはウルトラレアでしか知ることが出来ない。

 

■最後に

以上の5つが私が思うトラッパーでランク上げをするために適している構成です。

最初は罠をしかける位置とかを工夫して、徒歩キラーであるが故の葛藤もありました。

他にも沢山パークの組み合わせはあると思いますので『私はこういう構成でやってる!』というのがあれば教えてください。

世のトラッパー使いの参考になれば幸いです。