悠々自適な毎日な日々を送りたい

たらたらと感じたことや思ったこと知ったことを書いていきます

【人狼ゲーム】人狼ゲームってこんな感じでしたっけ?

かなり否定的な話です。

ですが、共感していただける人がどれくらいいるのかを知りたいので書いてみることにしました。

 

最近「何かが賭かっている」人狼ゲームが増えすぎて来ているなと感じています。

『何か』に当てはまるものは『栄誉』『知名度』『タイトル』どれも似たようなものですが、どれだけ有名になれるかというものであったり、賞金が出るものもあったりしますよね。

賞金に関しては賭博法に引っかからなければ合法だと思うので、お金を得る話は触れませんが、それはそれで微妙。

 

勝った人を褒める、称える。凄くいいと思います。

勝ち負け以前にゲームを楽しむ。凄くいいと思います。

 

それらがゲームに影響しちゃう。これ、駄目じゃない?

 

良く『メタ推理は駄目だ』とか『同じ人ばかり吊るのはおかしい』みたいな話がありますが、同様に『勝って得られるものがゲームに影響する』のもどうなの?と思っています。

 

著名人と人狼ゲームをする。という機会。

ありがたい事に、比較的多くの回数同村させていただく機会があり恵まれているなと感じています。

一方で、その会のゲームに関して言えば著名人の方は疑いの候補にあがらないことが多く、どんなに怪しくても処刑対象になりません。

こういう流れがフェアな状況を崩壊させているのではと思いつつ、ゲストとして招待されている方も本当に人狼ゲームを楽しめているのか不思議に思っています。

 

また、最近一般プレイヤーがゲスト扱いされているイベントもちらほら見かける様になり、それが一つの看板となっているイベントもあります。

   

人狼のイベントが多様化してきている中で差別化のために色々な試行錯誤が行われていると思うのですが、本来の人狼ゲームとかけ離れているのではと複雑な気持ちになっています。

 

「嫌なら参加しなければ良い」「仲間内でやれば」という意見もあると思います。

もっと何もゲーム外から影響される要素の無い人狼ゲームがしたいなと願っています。

元々人狼ゲームってこういうものだったんじゃないかって思って懐古厨になっています。

毎週・毎日の様に何かしらのイベントが行われていて、そちらに参加する人が多く、自分の開催では人集めが難しかったりするのもあって、改めて複雑な思いになっています。

 

この話は本当に賛否両論あると思います。

ここまで読んでくださった方が実際にどういうことを思っているのかを知ることが出来れば幸いです。

例として挙げたものがゲスト招待イベントでしたが、それ以外にも色々と類似するイベントはあると思います。

 

まぁ結局仲間内やれって話になるんでしょうかね。

それはそれで人狼業界が盛り上がる活動と相対する話になるので、もっと上手く良い形にならないかなと考える日々です。