悠々自適な毎日な日々を送りたい

たらたらと感じたことや思ったこと知ったことを書いていきます

【人狼ゲーム】人狼ゲーム関連で感じるストレスの分析

■始めに

 世の中には「ゲーム」と呼ばれるジャンルに属する遊びはたくさんありますが、人狼ゲームは特殊な部類に当てはまるのでは無いかと考えています。

そのゲーム性故に他の何かしらのゲームと同様の考え方を持って接すると人狼ゲームへの印象が悪くなることがあります。

 

 ある程度経験を積んだプレイヤーは知っておいたほうが良いと思いますし、全ての方に共感を得られるとも思っていませんが、自戒のためにも文字にしてまとめておくことしました。

 

たかがゲーム。されどゲーム。

たまには真面目なことも書いてみたくなった。という安直な思いもあります。

 

■特殊な点

 まず、人狼ゲームが他のゲームと違う点について考えていきます。

 1.大会等の順位付け、プレイヤーの優劣を付けられない

  過去に競技人狼等があったことは知っているのですが、勝利陣営や生存者への

  加点等のルールを設けると、ゲームへの影響は少なからず発生します。

  ⇒あのプレイヤーを生存させるとトータル点数で勝てなくなるから襲撃する等。

  そのため、人狼ゲームの面白さを維持したまま、日本の頂点を決める様な大会や

  長期的なリーグ戦を運営することは困難を極めると思います。

 

 2.プレイヤーの良心への依存度が高い

  対面人狼では尚のこと、ゲームの面白さを維持するためには参加者の人間性に

  依存する点が多く存在します。

  おおまかに3点挙げてみます。

  ・言葉遣いや言葉選び

  ・他プレイヤーとの接し方

  ・ルール違反を犯さない等の信頼

  色々なケースを含めるために広義な言葉を選びました。

  これらはルールによる明確な制約はなく、暴言や高圧的な態度などの

  「マナー」として扱われており、しかもどこまでが許される発言か等も

  プレイヤーの理解に委ねられています。

 

 3.人狼ゲームを始めるハードルが高い

   最近は配信で人狼ゲームが行われていたり、著名人・有名アイドル等も

  遊んでいることから、ゲーム自体の知名度があがってきています。

  根拠のある数字はありませんが、遊びに疎い私の職場の上司が「聞いたことがある」

  と言っているので知名度があがっているものだと考えています。

 

   しかし、実際にゲームをやってみることは見ることと違い中々難しくなります。

  そこそこ人数を集めなければならないことや、遊べるお店に行っても知らない人が

  いっぱいいることが容易く想像出来ることが主な要因だと思います。

  アプリで遊ぶ場合にしても文字入力の速度が遅かったりゲームに慣れるまでは

  上手くいかない期間が発生します。

   

■私は何が言いたいのだろう

  特に目的があった訳でも無く、人狼ゲームって特殊だなという考えから書き始め、

 特殊だからどうしたのかと問われると明確な回答を持っていない。

 ただ、時折Twitterなどで揉め事に近い様な話を目にすることがあり、それを見る度に

 ストレスになる。

 ストレス解消の1つとして書き殴っている点が多くを占めていることは否めない。

 

■ただこれだけは言える

 もっと多くのプレイヤーと人狼ゲームをしたい。

 そのためにはゲーム外での争いごとやプレイヤーの減少につながることはやめないと

 いけないし、全員がそうあって欲しいなと考えています。

 配信等も増えてきていますが、人狼ゲームの印象が悪くならない工夫は積極的に

 取り組んでいただきたいなという上から目線の思いがあります。

 

 プレイヤーの減少は人狼ゲーム衰退と直結する。

 これは結構、地球温暖化みたいな話と似ていてみんなが認識しつつ注意しなければ

 いけないことだなと思います。

 人狼ゲームに触れて離れていく人は人間関係に何かあったか、ゲーム中に嫌な思いを

 したかのどちらかが多く、せめてゲーム中の立ち振る舞いは気をつけています。

 

■最後に

 今回は長くなったものの何を言いたいかが明確では無いものとなってしまいました。

 ただ、ここ最近は揉め事を多く見ることもあり、揉め事を起こす方も相手する人も

 わざわざ大衆の目があるところでやらず、するなら本人同士でやらないとみんなが損

 するという警鐘になればいいなと考えています。