悠々自適な毎日な日々を送りたい

たらたらと感じたことや思ったこと知ったことを書いていきます

パスタ芸人Vol.19 うにクリームパスタ

やってしまった。遂にやってしまった。

コスパ最強とは。

 

まずは前回から食べたものをさらさらっと復習。

ナポリタン2食

たらこパスタ2食

ほうれん草とベーコンパスタ2食

合計6食で、今回のパスタをあわせると78食となりました。

 

Twitterで「よさ気なパスタを教えてほしい」と緩く募集をしたところ、ウニを愛してやまない方から、この「雲丹醤(うにひしお)」をドバドバかけてパスタにすると美味しいという情報をいただきました。

先に言っておきますが、めっちゃ美味しいです。ウニ感凄い。結構感動しています。

Amazonで買えるのでリンク置いておきます。

 

教えていただいて即Amazonでポチって届いたのがコチラ!

390mlのサイズを購入したのですが、もう瓶にウニが詰まってる感が凄い。

f:id:ms_fort:20180426231816p:plain

 

ただ、このパスタ芸人。

コスパ最強と言われたジャンルを検証する。と言うことが目的だったのですが、

この雲丹醤、2370円です。

費用合計33391円を78食で割って1食当たり428.0円

お、1食当たりの金額は減っています。

作り置きや食材の買いだめが効いている様です。

パスタ芸人始めて約3ヶ月。ここまで頑張ったんだからたまにはいっか!ということで作ることを決意し、買うことにしました。

 

ウニの神様に薦められているものを食べないなんて、美味しいものを食べるチャンスを1つ逃してしまいそうということの方が大きいです。

 

コスパ最強というのは「コストに対して得られる幸福度が最強」という理解にしました!

   

さて、作っていきます。

生クリームと雲丹醤を混ぜたものを煮詰めていきます。

バターを引いて細かい味の調整は好みだと思います。

もともと塩分は多いので塩気のあるものは追加しませんでした。

 

うにクリームソースをぐつぐつ煮込む。

なんか幸せな色になってきました。ウニウニしてきています。

f:id:ms_fort:20180426231814p:plain

 

ちなみに雲丹醤の使用量ですが「ドバドバ入れてパスタにすると美味しい」とのことでしたので、半分使いました。もう瓶の中には半分しかありません。

390ml入りを買ったので、195mlは雲丹醤です。こんなにうにまみれになれて幸せです。

変なタイミングですが、私はウニ大好きです。なのでとても幸せです。

 

パスタの麺を少し早めに茹で終わらせ、ソースとよく絡ませて出来たものがこちら。

完全にうにクリームパスタ。

「うに」と「クリーム」と「パスタ」の要素しかありません。

f:id:ms_fort:20180426231812p:plain

 

飾りつけも考えたのですが、今回は他の要素は一切取り除いてうにだけを楽しもうと思い、追加するものはありません。

 

食べてみると、パスタが「うにー!!」と凄く主張してきます。

塩分が多めなのですが、生クリームが上手く抑えてくれており丁度良い塩加減になっています。

このうにの主張がとても幸せで、自分で作るものでここまで出来るんだなと勘違いしそうです。

ソースまで美味しくいただきました。

 

他のうにの瓶詰め(?)と食べ比べをしたことはありませんが、とにかく雲丹醤が凄いんだということと、自分で作れるということへの喜びが大きいです。

 

パスタ芸人始めてなかったらコレに出会うことは無かったなぁ・・・

本当にご紹介ありがとうございます。