京風自適

人狼ゲームに関する考え方、時には攻略や、オンラインゲームの攻略・実績をメインで書いています

パンデミック大会 - 2018 Winter

ユキさん、ゆどうふさんのパンデミック大好き夫婦による

「パンデミック大会 - 2018 Winter」に参加してきました。

ユキさんは人狼ルームで以前開催された「初めてのパンデミック」のサポートもされていた方です。もしかするとお会いしたことがある方もいらっしゃるかもしれません。

 

今回は成績が悪く、立ち直るのに時間が必要でした。

3月18日 (日)に行われて参加したのですが、レポートを書こうと思っている間に年度が切り替わってしまいました。

 

大会開始前は写メを撮ってテンション高かったです。

 f:id:ms_fort:20180403014504j:plain

 

■成績

 4ラウンドの内、3ラウンドは世界を滅亡させてゲームオーバーになりました。

 結果、11チーム中10位となりめちゃくちゃ凹んでいます。

 特に2ラウンド目は開始5分で世界を滅亡させて最速記録を叩き出しました。

 

■そもそもパンデミックで大会って?

 パンデミックは協力ゲームですが「如何に早い時間で世界を救えるか」が競います。

 ですので、迷いどころで如何に早く正しく判断出来るかが鍵となります。

 通常のパンデミックでは運要素も幾分か存在するのですが、今回の大会では

 全員同じ並び順のカードの束(デッキ)を渡されます。

 2次会で情報開示していただけるのですが、どれも癖のある展開になります。

 ↓の画像にあるとおり山札が作られており、上から順番に引きます。

 この場合は初期感染配置が黄色と黒が危機的な状況から始まります。 

 f:id:ms_fort:20180403014919p:plain

■この大会のここが凄い!

 ・グッズが色々あるし全てオリジナル

  今回、拡張版で大会が行われたので猛毒株が入っていました。

  何色が猛毒株であるか忘れない様、ユキさん自作キャラの札を使っていました。 

  f:id:ms_fort:20180403015754p:plain

 ・食べられるウイルスを作っちゃう

  今回、配布されたオリジナルグッズは2つありました。

  1つは5周年の缶バッジ。大会参加した思い出の一品です。

  青・黄・黒・赤と並んでいるもの。

  これはパンデミックで使用する病原菌のコマをお菓子にしたものです。

  もちろん、ユキさんの手作りで砂糖と寒天、各色をつける着色料の様です。

  一応、食べられるもののみで作られている様ですが、食べるのは自己責任です。

  これでパンデミックすることも考えましたが、ベタベタになるので辛いですね。

  f:id:ms_fort:20180403020113j:plain

   

■この大会のここがダメ!

 ・「パンデミック大会 - 2018 Winter」と銘打っているのに春先に開催しちゃう

  年に一度の大会なので必ずWinterなのです。

  3月中旬の暖かくなり始めた頃に開催されるのでWinterもあっているのかどうか。

  元々は冬に行われ、年に2度程行いたい想定とのことだったそうですが、

  会場をとる都合や上述の様に力一杯の準備をしていただいていることから

  年に1度の様です。

 

実は二次会も参加させていただいて書きたいことが一杯あるのですが、画像等は無く

ちょっとコアな話になってくるので、一旦本戦のみ書かせていただきました。

 

■最後に

 「パンデミック大会 - 2018 Winter」の主催である、ゆどうふさん、ユキさん

 決められた順番に全チームのデッキ作成を行ってくださったスタッフの方々、

 会場でお会いした方々、お話させていただいた方々本当にありがとうございました。

 

 Twitterでの拡散にもご協力いただいた方々も本当にありがとうございました。

 Twitterやブログ等で大会の認知度拡大へ少しでも貢献出来、パンデミックで遊ぶ人が

 増えたり、大会参加者が増えたら幸いです。

 パンデミックは奥が深く、やればやるほど楽しいと思えるゲームだなと思います。 

 

長文となりましたが読んでいただきありがとうございました。