悠々自適な毎日な日々を送りたい

たらたらと感じたことや思ったこと知ったことを書いていきます

この世の全てにおいて「面白いと思える環境」は自ら作るもの

質問箱にこんなお便りがきていました。

f:id:ms_fort:20180213235438j:plain

 

結論はタイトルに書いてしまいましたが、少しだけ紐解いてみます。

今回は質問にあるとおり、人狼ゲームを例に書いていますが、全てのことはこれらに通ずるものだと考えています

 

■考える要素は3つ

 ・怖い雰囲気を作る人の勝率が高いのか

 ・オンライン人狼は運なのか

 ・論理よりも雰囲気作りが大事だなと気づいたこと

 と、言うわけで順番に考えていきましょう。

 

■怖い雰囲気を作る人の勝率が高いのか

 この項目で言いたいことは2つあります。

 1.悪い雰囲気作りでゲームに勝つ人はいずれ干されて淘汰される

 2.たった1人や2人の影響であなたがゲームから離れることがもったいない

 

 この点については最初に宣言しておきますが、論点をすりかえますね。

 怖い雰囲気を作る人が吊られにくいから勝率が高い。

 わからなくは無いです。投票しづらい雰囲気出す人いますね。

 ここで考えなくてはいけないことは「その人の勝率があなたに及ぼす影響」です。

 人狼ゲームが面白くなくなった原因であれば即同村拒否で問題ないです。

 お店等でやっている人狼ゲームは参加者がわからないので、個人主催の人狼会でも

 良いと思います。とことん避ければいいのです。一緒に遊ぶ義理は無い。

 

 

■オンライン人狼は運なのか

 この項目で言いたいことも2つあります。

 1.運の要素を如何に論理を積み重ねて減らし、実力を見に付ける

 2.運の要素が全く無いゲームなんて存在しないので受け入れることも重要

 

 運の要素は確かに存在すると思います。

 質問の中にある「論理よりも雰囲気作りが大事だな」という点から論理については

 得意な方だとも思います。つまり、頭が良い方なのだなと感じています。

 オンライン人狼では論理展開することしか許されず、表情等は出ません。

 

 発言量・発言内容・占い理由・人狼の位置・白目の発言・黒目の発言

 その他諸々の要素を短時間でまとめ推理する。

 これらの論理を積み重ねることがオンライン人狼の主要が点になります。

 運で勝ち負けが左右される部分はありますが、運の要素を如何に減らすかを

 腕を上げるために努力すると良いかなと思います。

   

■論理よりも雰囲気作りが大事だなと気づいたこと

 本質に気づいているじゃないですか。

 対面人狼は雰囲気作りが大事なんです。

 もちろん「怖い雰囲気」では無く「楽しい雰囲気」を作ることが出来れば絶対楽しい。

 雰囲気の悪い人がいると、ご自身の様に辞めたい気持ちになることを知った訳です。

 人狼ゲームにおいては大勢の人を集めなければいけないので、良い雰囲気作りが

 出来ると、あなた自身の周りからの見られ方が変わり人気者になるかもしれません。

 そうすると人狼ゲームの見方も変わってくるかも知れません。

 

■最後に

 長くなりましたが、タイトルの通り「面白いと思える環境は自ら作るもの」なんです。

 たくさん遊んでみたけど飽きたりやる気が無くなったりすることもありますが

 それはそれでいいと思います。自分でやってみた結果なので。

 他人に影響されて面白くなくなったりするのはもったいないです。

 

 また、この考え方は他のゲームは催し物・イベント・日常何にでも言えます。

 よく言われる「考え方次第」ってことです。

 

■余談

 ちなみにこの考え方は中学生時代の同級生が言っていたことの受け売りです。

 文化祭で何かすることになったのですが「文化祭なんて面白くねーから休むわ」と

 同級生に言いました。

 「何やるかも決めてないから、面白くなるように案出して決めていこう?」と

 当時は凄く驚いた前向きな発言を受け、渋々準備をし始めたとい思い出があります。

 これを思い出したので、だいぶ長くなりましたが回答してみようと思いました。