京風自適

人狼ゲームに関する考え方、時には攻略や、オンラインゲームの攻略・実績をメインで書いています

【人狼ゲーム】2017年に思ったこと、若干愚痴っぽい

新年早々、負の感じしかしないタイトルになってしまった。

ずっと書こうかなーと思っていたものの、タイミングが難しくて「もしかして自分のこと?」みたいに思われそうだったので、キリの良いタイミングに書こうと決めました。

 

2015年に人狼ゲームに出会い、2016年は色々なレギュや戦術や進行論を覚えることに必死でした。

2017年は比較的ゲームを俯瞰的に見る様になり、思うことがあって書かないのももったいないなと考えて今に至ります。

 

人狼ゲームって「勝ち」と「負け」が存在することは多くの人は知っていると思います。

まぁどちらかと言えば勝った方が面白いとは思うんです。

もちろん、負けた時にしか喋れないこともあるし「敗者がいるからこそ面白い」っていう部分も多くあると思います。

 

言いたいことは、自分はゲームに勝ちたいんです。

 

っていうここまでが前フリです。

2017年に思ったことは「納得出来ない負け方」がちらほらあったということです。

勝つつもりを明らかに感じないゲームの進行はもやっとします。

具体例として、2つ挙げてみます。このケースだと勝っても負けても微妙だなって思うんです。

他にも

「絶対投票を散らしてはいけないのに散らして負ける」

「全員の話を聞いて要素を拾う日に思考放棄(思考ロック)で話を聞かない上に間違っている。」

って話もあります。

 

勝ち負け興味ない人もいると思いますし、ぶっちゃけそこまで勝ちに執着もないんですけど、せめて負けるときくらいは納得いく負け方をしたい。

ただそれだけです。

 

P.S.実は他にもいっぱい書きたいことがあります。でも、ちゃんとゲームの勝率をあげたいと思う人にしか伝わらないので、そういうのは省きます。

もし、そんな話も聞きたいって人がいれば聞いてください。

基本的なことだけど出来ていないなって思うことしか話しませんが・・・。

 

長くなってしまった・・・。

 

ー▼ー後述の具体例ー▼ー

 

Case1 勝ち確定を逃すパターン

↓の具体例だと人狼が絶対勝ちなのに、何故か村人が勝ってしまう。

具体例)

13人のよくあるレギュレーションで、色々あって2名の人狼が生きていることがわかっている5人スタート。

Aさん:人狼

Bさん:人狼

Cさん:村人

Dさん:村人

Eさん:村人

~投票時間~

DさんがEさんに投票(Eさん1票)

EさんがBさんに投票(Bさん1票)

BさんがDさんに投票(Dさん1票)

AさんがEさんに投票(Eさん2票)

CさんがBさんに投票(Bさん2票)

BさんとEさんの決戦投票。

色々あって、人狼のBさんが処刑されて翌日が訪れる。

 

Case2 ネタのつもり(?)なのか特定の人を初日から処刑する。

人狼ゲームでは村人が人狼を処刑し、人狼は村人を処刑するゲームです。

・私個人の価値観としては、疑わしい人は手を抜く事無く処刑する。

⇒じゃないと村陣営が勝てないから

・人狼の時、襲撃者についてはよっぽどのことが無い限り、その日のゲームの生存日数を加味する。

⇒理路整然としているプレイヤーは人狼からしてみれば早々に始末したいですけどね。

とは言え、毎回「あの人に投票しておけば初日はいいんじゃない?」みたいな空気感。

嫌いです。