悠々自適な毎日な日々を送りたい

たらたらと感じたことや思ったこと知ったことを書いていきます

【人狼ゲーム】全面戦争ってなに?~狐陣営編~

 

 目次

■はじめに

前々回の記事では人狼ゲームにおける全面戦争というレギュレーションについて紹介しました。※読まれていない方は先に下記リンクの概要を読まれることをお勧めします。

今回、次回、次々回の3回に分けて各陣営ごとに解説しようと思います。

今回は狐陣営について書きます。

 ↓概要編はこちら


ms-fort.hatenablog.com

 f:id:ms_fort:20170823213115j:plain

 

■役職説明「狐」

 ★狐が持つ情報

  ・ゲーム開始時の情報

   12名(欠け含む)の内、自分と仲間の2名を知っており標準的な情報量です。

  ・ゲーム進行による情報量

   初日の預言COによりある程度真予言が透けます。

 ★狐の長所

  狐は襲撃で死ぬことはないので、村役職っぽく出来れば把握されにくいですね。

  うーん・・・あまり目立った長所は無いように思えます。

 

 ★狐の短所

  敵が多すぎること。村人陣営も人狼陣営も勝つために狐陣営の全滅を狙います。

  そのため、生存者全員が敵となるでしょう。

  また全面戦争においては預言者が最大2名おり、真預言者が生存したままだと

  全く勝てません。意外と強く見えてそうでもないのです。

  

■役職説明「背徳者」

 ★背徳者がもつ情報

  ・ゲーム開始時の情報

   12名(欠け含む)の内、狐の2名+自身が背徳者であることを知っています。

   ※始めから村の4分の1の情報を持っている役職は狂信者と背徳者しかいません。

  ・ゲーム進行による情報量

   狐とほぼ同じだけの情報を持つことが出来ます。

    

 ★背徳者の長所

  開始早々4分の1の内訳を知るのは全役職の中で一番情報を持っています

  預言を騙って狐を囲うことも容易です。

  人狼が誰かわかっているわけではないので、霊媒を騙るのは難しいかもしれません。

 ★背徳者の短所

  占われても死なない狐陣営なので、襲撃されやすい印象があります。

  狐以外に黒打ち特攻出来るので比較的序盤の動きに勝敗が決まってしまうため

  圧倒的に難しい役職となります。